ふるふるふー’s blog

家計簿代わりに買ったものとか紹介

海外(北米)版 VITA TV 国内版との違い

 

3月の頭VITA TVが生産終了という情報がネットを駆けました、これに対して様々な反応があったわけですが最も多かったのは「なにそれ?」そう知名度が低いんです。

VITA TVってどんなの?

 

f:id:hulhulhu:20160309224905j:plain

液晶がなく有線LANがありDS3,DS4が使える据え置き型のVITA

映像が外部出力なので配信とかには特に便利ですね。それでいてお値段は1万円くらいいわゆる偽トロとかに比べてだいぶ安いですね。

 

いいハードだったが...

生産終了です。

昨年末くらいから集計から消えていたので、在庫はほぼないと考えていいでしょう。

 

しかし海外版が!

VITA TVには二種類あります、白色の国内版、黒色の海外版

f:id:hulhulhu:20160309224856j:plain

海外版も同時に生産終了がアナウンスされましたが、日本より市場が大きいためかそこまでプレミアはついていない様です。

 

 

どう違うの?

基本的には全く一緒変更点は大きく3点

決定ボタンと戻るボタン
DS4が最初から使える!

ほかは全く一緒ですね。

 

**

 よく丸とバツが逆という書き方をする方がいますが、少し違いますメニューにおける決定と戻るが逆です。加えて海外モデルだとソフト側から認識されるようで一部ソフトを除いてゲーム中でも決定と戻るは逆になります、ローカライズがキチンとされているソフトはほぼほぼ入れ替わっているようです逆に日本でしか発売されていないようなソフトは日本のものと同じ操作感になります。

**

日本のストアも

f:id:hulhulhu:20160309224959j:plain

日本のゲームも

f:id:hulhulhu:20160309224916j:plain

ここは少し違いますね

f:id:hulhulhu:20160309224940j:plain

ケーブル、メモカ、アカウント、ソフト全て国内のものを使いましたがなんの問題もなく動いています。

Amazonで白が1万9千円くらい、黒だと1万くらい 

 

個人的にはとってもオススメなハードです、黒がいいという方もいるでしょうから是非選択肢に。

 

 

 

 

PlayStation Vita TV 黒 [並行輸入品]